通勤時間にできるダイエットとは?

    No Comments

    仕事が忙しくて運動ができないと悩んでいる方も多いかもしれませんが、ダイエットは食生活と運動が重要ですから、通勤時間にできるエクササイズでダイエットの習慣づけをしましょう。

    まず大切な事は正しい歩き方を実践するという事であり、正しい姿勢でエクササイズする事によって消費カロリーも大きく変える事ができるそうですから、まずは正しい姿勢を保ちながら正しい歩き方を実践するようにしましょう。

    バスや電車で立つ機会があるなら、爪先立ちで内股やふくらはぎを引き締めるエクササイズを行ったり、バスや電車で座っている時には足を浮かせるエクササイズでお腹や太ももにアプローチしましょう。

    エレベーターやエスカレーターを使っているという方も多いかもしれませんが、階段を使う方が消費カロリーにも効果的だという事です。

    ダイエットのペース

    No Comments

    ダイエットをするのに、誰もが短期間で痩せたいと思っているかと思いますが、1週間で10キロをやせるといったようなハイペースなダイエットは、決して良いダイエットとはいえないでしょう。

    コレはかなり休息的なダイエットであり、それはかなり高い確率でリバウンドをしてしまう可能性がとても高いです。急激にハイペースでのダイエットで絶食ダイエットを選んでしまう方も少なくないですが、これは身体が飢餓状態であると認識してしまうため、次に口にした食べ物を蓄積させようとしてしまうように身体が反応してしまいますので、これはとても危険な行為です。

    1ヶ月あたりに落としてもよい体重というのは一般的に5%以下に納めておくことが理想といわれています。

    はらすまダイエット

    No Comments

    はらすまダイエットとは医師が考慮した無理をすることなく内臓脂肪を撃退するダイエットのことであるということでう。メタボを撃退し、より健康的な生活習慣を身につけるための日立健康管理センターの医師、中川先生によって生み出されました。

    定期的な指導者のコメントによってモチベーションを維持することが出来ることもポイントのようです。
    ダイエットにはも異論のこと検診データと連携したデータヘルス・コラボヘルスの実現を促進し、疾病リスクの軽減による医療費の抑制にもつながっていくとのことです。

    より効率的に実施するための支援システムをクラウドサービスによて提供していくとのことで参加者は、パソコン、携帯電話やスマホで指導者および管理者と情報を共有することができます。